2012年11月5日

【速報】パソコンやネット社会に詳しいはずの会社の上司が「LINEは危ない」とまさかのドヤ顔!?

2 件のコメント :

無料通話やチャット機能、なごむスタンプ機能、著名人からのメッセージが受け取れる!などのサービスでたちまちユーザー数を増やした「LINE」。最近は、わたしが応援しているauの公式アカウントも登場したりとますますその勢いが伸びていきそうな印象です。

そのLINEを運営する会社HNHは、ハンゲームやNAVERまとめなどを運営しているわけですが、集めたユーザーの個人情報を良からぬことに使っているのでは…といううわさ話は、ネット社会の昨今においてはLINEに限らずよく聞く話で、スマートフォンが普及するはるか以前からYahooや楽天などにアドレスを教えたらスパムメールが激増したという話はよくあったものです。※あくまで、管理人が身近な人たちから聞いたうわさ話。

▼参考サイト
LINE―危険すぎる韓国企業アプリの正体を暴く!個人情報をアドレス帳単位で収集する悪質な機能!Facebookをはるかに上回る危険性のまとめ - News U.S. 韓国・在日朝鮮人崩壊ニュース

 

大人気LINEの落とし穴〜私がLINEを使わない理由 : I believe in technology




 

パソコン・インターネットに詳しい上司がまさかのドヤ顔!


そんなことを耳にしていた中、会社の上司がドヤ顔で「LINEはやめておいた方がいい。個人情報が…」「おれはスマートフォンは使わない。危ないからな。」と言われました。
「GoogleやYahooなどのWebサービスやネットショップ、会社にとって重要な案件をWebメールを使ってやりとりしたり、会社の情報が入ったファイルをネット上に保存したりしているお主がその発言をすることのほうがよほど危なくないか?」と、機械音痴のわたしでさえ感じたのです。個人名や住所、電話番号などなど。ふつうに生活していれば、どこかの企業や人に教えることはよくあることだ。さらに言えば、個人情報など日本という国もあずかっていると言ってもいいだろう。

それらは主に企業が預かっているわけですが、それをどうするのかはそこにいる人の人間性によるところだと思う。預ける企業によってその信頼性はあるとは思うが、ユーザーとして一度預けてしまった以上、それらを確実に保護する方法などもはやない。いくら法律で規制したところで、です。疑いだすと、友人、知人、所属する会社だって信用なりません。極論。

もちろん、情報を悪用するのは許されることではありません。もし企業などが個人情報等を悪用するようなことがあれば、消費者として大きな声で非難し、その企業は大きな罰を受けるべきです。ですが、インターネットや携帯電話を当たり前に利用している人が、「あれはやばい。これはまずい。」と、騒ぎ立てるのはどうも腑に落ちないのです。

つまり、危ないと思うならば、いっさい使わないこと。利用しないこと。教えないこと。ダメになりそうなとき、それが一番大事。そういうことだと思うわけです。

まとめ

いつでも全世界とつながることのできるインターネット。スマートフォンの普及で、老若男女とわず、幅広い世代が使う。そんな光景が日常的になってきました。便利なものは便利なので、使ってしまうのですが、ぼくも機械音痴。特に、セキュリティには十分気をつけなくては!と思う次第です。ではでは。

2 件のコメント :

  1. こんにちわ

    不思議とLINEはやっていない私です。

    なぜが、なんとなく嫌な感じが最初からして手を出していません。
    パソコンの時から自分の感覚でこれは、信用出来ないものは入れていない主義です。

    結構、この感覚で今までウイルス等で大きな被害は無いですね。

    返信削除
    返信
    1. どもどもっす。コメントありがたやです(´ε` )

      わたしはLINEをインストールしたときに、「端末の電話帳情報をアップする」アプリだとわかり危険を感じましたが、
      自分の情報を持っている知人や友人がすでにLINEに情報を預けていると分かったことで半ばあきらめ気味です。

      わたしも幸いな事にウイルスに感染したことはないのですが、いまこうやって普通に使っているパソコンが普通に使えているように見えているだけで実は感染しているのかもしれない…と考えるといつも眠れなくなります(´・ω・`)

      削除