2013年11月28日

プロミュージシャンが愛する名曲「歌うたいのバラッド」のカバーまとめ

0 件のコメント :

saitokazuyoshi 

ミュージシャン・斉藤和義さんをご存知だろうか?

この時代において、おとなの事情に屈せずおもいのたけを表現してくれる、数少ない「ロックミュージシャン」であり、そうでありたいと思える人間だ。その存在は以前から知っていたけれど、そのイメージを大きく変えたのはあの一件である。その一件とは、東北の震災直後、自身の代表曲である「ずっと好きだった」の替え歌「ずっとウソだった」を発表した一件である。

この一件について賛否両論あるにせよ、ぼくは音楽の力、表現、ミュージシャンのあるべきひとつの姿を感じたのです。たとえそれが批判にさらされようと、あのタイミングであのメッセージを音楽にして表現した斉藤和義さんは、ミュージシャンとしても、アーティストとしても、同じオトコとしても素直にカッコイイと思うのです。斉藤和義さんの真意は分かりません。原発に賛成だとか反対だとか、そんなことを表現したかったのではないはずなのだ。

さて。そんな斉藤和義さんの名曲のひとつに「歌うたいのバラッド」という曲があります。プロのミュージシャンにも愛される名曲です。歌うたいのバラッドは、たくさんの方にカバーされているので、その動画をまとめてみることにしました。名曲は誰が歌っても名曲ですね。

歌うたいのバラッド・まとめ

※動画はYouTubeからお借りしております。

斉藤和義

斉藤和義さん、ご本人。ライブハウスでその腕を磨いていたことのあるミュージシャンは、ライブでの評価も高いです。180cmを超える身長なので、ギターが本当に良く似合います。ライブ、行きて―!!

桜井和寿(Bank Band)

言わずと知れたMr.Children・桜井和寿さん、音楽プロデューサー・小林武史さんが率いるBank Band。桜井さんも歌うたいのバラッドが好きなことで有名です。

鈴木雅之

うた、うまっ!さすがやん、リーダー!!

Goose house

さまざまな楽曲のカバーをYouTubeにて配信されています。メンバーひとりひとりが、本当に楽しそうなのがとてもステキ。
Goose house – YouTube
やっぱいいっすわ、Goose house。好きです。

奥田民生

奥田民生は、自分の葬式に歌うたいのバラッドを流したいというほど、この曲が好きだそうです。

吉井和哉

THE YELLOW MONKEY・吉井和哉さん。このふたり・・・かっこ良い。

田島貴男

関根勤さんと似ているとウワサの田島貴男さん。オリジナル・ラブと言えばピンとくるかも。

原曲を大切にしながらも、田島貴男さん独特の世界観がでております。

BENI

バラードは歌のうまさがすぐにわかってしまいます。歌うたいのバラッドについては歌がうまいだけでなく、表現力も大事なんだということがよくわかります。

名曲は誰が歌ってもやっぱり名曲!!

どなたのカバーが好きでした?だれが歌っても名曲はやっぱり名曲ですね。歌がうまいことが前提ですけど。

すばらしいミュージシャン・斉藤和義さん。いいっすね。

KAZUYOSHI SAITO OFFICIAL WEB SITE
斉藤和義 - YouTube

 

0 件のコメント :

コメントを投稿